キャッシング申込先比較

キャッシング申込先比較は目的に合わせて行いましょう

キャッシング申込先を選ぶ時に陥りがちなこととして、慌てて申込みをしすぎて契約内容を細かく確認していないことです。金利の高低は確かに重要ですが、数%の金利差ならば、返済の仕方によりすぐに総返済額が逆転してしまいます。

 

消費者金融で金利が1桁のカードローンは基本的に無いわけですから、少なくとも利息制限法で定められた法定金利ギリギリの金利設定が大半です。銀行カードローンならば、15%未満が一般的であって、中には数%の金利で融資を実行しています。金利が半分ならば金利差の影響が大きいので、金利を中心に考えれば良いでしょう。

 

金利差が少ない状況では、返済のしやすさを中心に考えて申込先比較を行えば、返済で苦労する可能性を減らせます。

 

具体的には、元金を毎月どのくらい返済出来ているか、自分で管理しやすい金融業者を選べば良いわけです。約定返済額は、あくまでも最小返済額ですから、随時返済をいかにして自由に行えるかという点をチェックすれば、約定返済額がいくらに設定されていても、元金返済額を自分でコントロール可能です。

 

銀行ローンとは異なり、カードローンは専用キャッシングカードにより借入と返済が自由に出来ます。随時返済が即座に元金返済に反映されるカードローンを選ぶことで、余計な利息を払う必要が無くなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ